春は待ち遠しい。でもこれからの季節は憂鬱というかたに、「花粉症について」を詳しくご紹介いたします。どのようなメカニズムで花粉症を発症するのか、花粉症の原因植物や風邪との違いを知り、正しい知識と対応で花粉症の症状を和らげましょう。
 

    「花粉症」は花粉(抗原)による季節性のアレルギー性鼻炎ですが、皆様になじみの深いのは、これからの季節に発症する「スギ」や「ヒノキ」の花粉症です。
わたしたちの体は、花粉(抗原)が侵入すると異物と判断して、これに反応する物質(IgE抗体)をつくりだします。その後ふたたび花粉(抗原)が侵入してIgE抗体と結合すると、肥満細胞からアレルギー症状を引き起こす化学物質が放出されて、くしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみが現れます。
花粉症の仕組みを詳しく知る


    なんだか風邪引いちゃった!本当に風邪ですか? 風邪が長引くと思っていたら花粉症でした。ということもあります。 花粉症と風邪を区別して、適切な治療をを受けましょう。

「花粉症の症状」
1、スギやヒノキの花粉飛散時期に症状があらわれる。
2、くしゃみ、鼻みず、目のかゆみ、なみだ目など、鼻と
    目両方に症状があらわれる。
3、症状が継続してなかなか良くならない。
4、熱が出ることはない。
5、扁桃腺がはれたり、のどが痛くなったりすることは
    ない。
こんな症状があらわれたら、医療機関を受診してください。


残念なことに花粉症は一度かかるとなかなか治りません。ですから花粉症の治療はつらい症状を軽減して、日常生活への影響をできるだけ少なくするのが目的です。
まず治療の基本になるのが、花粉の飛散がはじまる前からアレルギ反応自体を起こりにくくする薬の服用初期
療法」が必要です。花粉シーズン中でも続けて服用することで症状の緩和にかなりの効果が期待できます。症状が出てしまったら、内服薬や点鼻薬、点眼薬などでつらい症状を和らげる「導入療法」。薬の効かない重症の人に「減感作療法(免疫療法)」やレーザーで鼻の粘膜を焼き腫れをとる「レーザー療法」もあります。
初期療法を詳しく知る
発症後の治療と薬を詳しく知る

花粉症の原因となる植物は日本には実に約60種類もあるのです。飛散時期は異なるため自分がどのアレルギーなのか知っておきましょう。
花粉症原因植物の開花・花粉飛散時期を詳しく知る
2006年スギ花粉飛散数予測を詳しく知る

  Q. 花粉症かどうか知るためには、どのようにしたら良いでしょうか?   Q. 受診する時のポイントを教えてください。
         
  Q. 花粉症で勉強や仕事に集中できなくなるのですが、どうしたらよいですか?   Q. 外出する時注意することは?
         
  Q. 仕事が忙しいので、苦労をせずにすぐ治る良い薬はありませんか?   Q. 家の中での花粉の掃除の仕方を教えてください。
A.答えを見る  
  Q. 花粉症の薬には副作用の心配はないのでしょうか?   Q. 生活の仕方で症状は緩和しますか?
A.答えを見る  
  Q. 人と違った治療法で治したいのですが、何かありますか?      
A.答えを見る
 
   
     
               
 

閉じる